バックポーズからのターン

ターンもいろいろなやり方があります。

このやり方は、Switch upしてからrotation動作させる方法です。

多くのフィジーク、スポーツモデルで採用されています。

動画のように、rotation動作させる瞬間速度を速くするとスポーツモデルっぽくなります。

このやり方は、Switch upしてからrotation動作すると同時にside stepさせる方法です。

多くの選手はターンに癖があり、一つ目の方法しかやらない人や二つ目の方法しかやらない人どちらかが多いです。

バリエーションのあるターンをするとポージングの幅が広がります。

m2posinglab

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。