(ためになる記事だったら、上のツイッターボタン、Lineボタンをクリックしてシェアをお願いします^^)

フロントポーズからサイドポーズへの連結動作としてこのような動作をすることが多いです。

やらなくてもいい動作ですが、この動作をするとき、手から動かしていくとどうしても軸が斜めになります。

そして、この動作のあとにサイドポーズをとると、そのサイドポーズは斜めになっていることが多いです。

動画のように肘から手を挙げていくと、軸が斜めになりにくいのです。

なぜかというと、手が身体からあまり離れないことが言えます。

手から先行して動作する場合、特に手が身体から遠くへ動作する場合は、軸がずれる可能性が高いです。それは手が身体から離れるためです。

手が身体から近い場合で連結動作をしてもあまり身体の軸はずれません。

通常、連結動作(ムービング)は手からではなく脚から動かす Lead Footを守る必要があります。Lead Footをする理由は、軸がぶれないようにするためです。

以前書いた Lead Foot に関する記事はこちら

Lead Foot

でも、いかにLead Footをしても、この動画のように手が身体から離れるような動作をすると軸が斜めになってしまう場合があるのです。

そこで、腕の動作は肘から手を身体の近くにしたまま折りたたむようにして動かすことで軸が斜めになるのを防ぎます。

これを

Lead Elbow

ということにします。

必須のテクニックではないですが、肘から動かすやり方があるということを覚えておいてください。

———-

Line@では、ブログ、instagramなどでは公開していない情報をいち早くお届けしております。下記よりぜひご登録おねがいいたします。
友だち追加

m2posinglab

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。