マネから始めるポーズ研究方法

ポージングどうやって練習していますか?

結構聞かれますが、

ボディビルの基礎的なポージングを教わり、あとは実は

見よう見まね

です。

マネをしてます。

うまいと思う人の動作を分解して研究し、自分なりの理論を確立しています。

 

もうそういうことを7年、8年とやっているためマネのレパートリーが増えていっています。

 

どうやって研究しているか

パソコンの前で画面を見ながら人の研究することはあまりしていません。

電車での移動中が多いです。合間の時間でやっています。

なので、アプリやiphoneの機能を利用して動画で研究します。

 

流れとしては、下記のとおりです。

・動画入手

・動画加工

・加工動画をみて研究・練習

 

■ 動画入手

http://appllio.com/iphone-take-screenshots-video-capture

 

ダウンロードして入手はせず、

instagramやyoutube上で見ている動画をiphoneの画面録画機能を利用して画像保存します。

上記サイトを参考にしてやってみてください。

 

■ 動画加工

拡大縮小や、

速度を遅くしたり早くしたり、

繰り返し再生を自動でできるように同じ動画を追加して一つの動画にしたりします。

imovie

https://itunes.apple.com/jp/app/imovie/id377298193?mt=8

速度を1/8 (フリーズまでできます)

Inshot

https://itunes.apple.com/jp/app/inshot-%E5%8B%95%E7%94%BB%E7%B7%A8%E9%9B%86-%E5%8B%95%E7%94%BB%E4%BD%9C%E6%88%90-%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%8A%A0%E5%B7%A5/id997362197?mt=8

imovieでは2倍速までですが、4倍速までできます。

しかし、速度は1/5までです。imovieのほうが遅くできます。

Inshot では サイズ変更がしやすいので、instagramで使用する場合などはinshotで最後にサイズ調整しています。

個人使用の場合のみは、基本はimovieをメインに使って編集しています。

■ 加工動画を使って研究・練習

動画を加工する際には、下半身の動作の動きと、上半身の動作の動きを分けて研究します。

そして、

まずは下半身の動きのみマネして練習します。

両方一度に練習しようとしてもうまくいきませんし、目が行き届かない場合が多いです。

スローモーションで一つ一つの動きを分解して研究するとどういう動きをしているのかが見えてきます。

そして、その動きが自分が納得してできるようになるまで練習します。

これをいくつもやって、マネのレパートリーを増やしていきます。

最後に

よくマネはよくないとはいいますが、

まんまパクリはよくないだけで、

最初はマネから入ります。

多くの選手のマネをして、その中から自分がよくできるものを組み合わせるだけでも

それはマネではなく独創的なものへと変化します。

 

過去の遺産を引き継ぐべきです。

それを組み合わせ、発展させることでさらに新たなものが生み出されます。

まずマネしてみて引き出しを増やすことが重要です。

 

レッスンに関するお問い合わせは

m2posinglab@gmail.com

まで!

ポーズ矯正(バックポーズ)

バックポーズでは、逆三角形を作るために大きく広背筋をスプレッドさせる選手が見受けられますが、
あまりよく見えないようです。

このbeforeのポーズでは、広がってはいるのですが、筋肉の凹凸がまるで見えていません。
下のafterのポーズはbeforeのポーズから少しそらせただけです。

ちなみに、before afterは同じ日です。

肩のサイズは大きく見え、凹凸もしっかり見えます。

これは、すぐにうまくいった例ですが、

うまくいかない人の場合、反ると同時に僧帽筋に力が入って、肩幅が狭くなってしまったり
クリスマスツリーの部分に力が入らなかったり、
また、
脚のハムストリングに力が抜け、脚のカットがみえなかったりと
いろいろ弊害が出てきます。

レッスンでは、ここを修正してできるようにしていっています。

レッスンに関するお問い合わせは

m2posinglab@gmail.com

まで。

ステージ上では前傾姿勢になるべきという神話

「審査員が下にいるから、前傾姿勢にしないと身体を大きくみせられない。」

という指導が多いです。

本当にそうなんでしょうか。

これはボディビルの話です。

身体の大きさを競技するカテゴリーなのでボディビルの場合は若干前傾姿勢にすることが多いです。

 

実際、前傾姿勢にするとどうなるのでしょうか。

まず前傾姿勢にすることによって、頭が大きく見せていることになります。

モデルは頭が大きいでしょうか?
頭の大きな女性が美しく見えるでしょうか?

モデルは逆に姿勢を後傾させるべきなんです。

後傾させることによって、頭が小さくなります。
また脚が長く見せることができます。

頭が小さく見えた方が逆にバランスがよく見えることが多いです。
脚が細い人は、とくに後傾させた方がよいです。

審査員に対して脚のほうが頭より前に来るわけですから、
目の錯覚で脚が太く見えますよね。

つまり、何が言いたいかというと、

どういう身体か、どういうカテゴリーなのか、審査員からどういう角度で見えるかで変える必要があるんです。

審査員の視線からあまりにも角度がある場合は、若干前傾にした方がよいでしょう。
でも頭が大きいと思っている人は普通に立つか後傾させるのもよいでしょう。

またフィジークの場合は、前傾しすぎると逆三角形ラインがなくなって見えます。
以前、腹筋を収縮させて、猫背になって前傾になると逆三角形ラインがなくなることを書いたことがありましたね。

http://m2posinglab.com/pose/pose_correction-1568/

緊張して舞台に上がると、いつもは鏡を見て正面にとっていたポーズが、

今度は審査員を見てポーズをとるため、必ず前傾します。

人によっては極端に前傾してしまいます。

むしろ後傾させるように普段は練習したほうが当日まっすぐ立っていられるような選手もいます。

このように、ステージでは必ず前傾したほうがよいというものではないです。

 

フィットネス大会では、大きさよりもバランスが重要視されます。

自分の体で小さい部分は前へ配置し大きく見えるように、

大きい部分は後ろへ配置し小さく見えるように、

狭い部分は広く見せれるように、

太すぎる部分は細く見せれるように

バランスよく見せれるかどうかということが重要なことです。

ポーズ矯正

レッスンでは、ポーズ矯正を行います。

下の画像は、先日の Pro qualifier で階級3位に入った Patrick 選手のポーズのBefore Afterです。(左:before/右:after)

Beforeのようなポーズを選手は非常に多いです。指摘ポイントは多くあったのですが、今回は腹筋に関してコメントします。

まず、フィジークでは腹筋を強くフレックス(収縮)させる必要はないです。

腹筋を強くフレックスさせて腹筋の凹凸を見せる必要はフィジークではないです。
そんなポーズをするのは、ボディビルのアブドミナルアンドサイぐらいじゃないでしょうか。

現に、腹筋の凹凸が薄い選手でも優勝してます。

Lee Junho IFBB PROのポーズです。

このポーズで腹筋を強く収縮させているようにみえるでしょうか。

まったく見えませんね。

腹筋を強く収縮させると必ず猫背の前傾姿勢になってしまいます。

するとどうなるかというと、フィジークの審査ポイントの大きな要素である

逆三角形ラインが消えます。

よく身体が大きな選手が、筋肉が薄い選手に負けて物議を醸す時がありますが、
だいたいこれです。

筋肉が薄くても逆三角形ラインがその選手が長けているため勝っていることがほとんどです。

腹筋のために、猫背の前傾姿勢になることでいいことは何もありません。かえって大会で負けます。

とはいえ、腹筋の凹凸がないとダイエットしていないようにも見えてしまいます。
またボディビルのようにおなかをバキュームさせて大きく見せるようなポーズをしてしまうと、
自然体に見えず、ボディビル感のあるポーズになってしまうためこれも避けたいです。

最低限の腹筋の凹凸は必要ですから、やっぱり力は入れます。

ポーズをする際、

伸張性収縮

が必要です。

筋肉を伸ばしながら力を入れている状態のことです。
腹筋に関してはこの伸張性収縮を癖づけさせないといけないです。そのためにはプランクを普段からしておくことが効果的です。

プランクは伸張性収縮ができる腹筋の種目として一般的なものですが、あまり選手でやっているひとは多くないようです。

ポージングのためにも取り入れてもらえると幸いです。

脚のカットのために

ここ1,2年で大腿四頭筋にカットが入るのが必須になってきました。

カットが入らない人は次のどれかです。

1.筋肉が大きくなりすぎて境目ができなくなってきてしまった
2.脂肪が多すぎる
3.筋肉がなさすぎる

1.はパワーリフターなどに多くみられるのですが、フィットネス大会に出る人、
トレーニングを始めて間もない人で1に該当する人はあんまりいないですね。

2.脚のダイエットが足りてないです。

3.脚の筋肉が動かせてないのだと思います。

脚のダイエットが足りないのも、筋肉がないのもそこの筋肉が動かせてないことが原因の一つです。

特に、脚の付け根に関しては、動かせてないことが多く、私自身もあまり上手にできないので、
動かせるようにするために工夫してやっています。

レッグエクステンションも膝の上にパッドを持って来れば、結構脚の付け根のほうまで入ります。

すねにパッドを当てて膝の曲げ伸ばしでやると普通にやると大腿四頭筋の下のほうにかかってしまうことが多いです。

脚の付け根のほうに刺激を与えておくと、
ポーズをとるときにもそこに力を入れる癖がつけることができます。

やり方はこれに限ったものではないですが、自分でうまく力がはいるトレーニング方法を試行錯誤してみるのもよいです。

どう力を入れればカットが入るという感覚をつかみさえすれば、
当日鏡を見なくても、一発でカットが入ったポーズをとれます。

これも普段からの練習で培われるもので、
直前に練習したからできるようなものではないです。

脚の付け根だけ使って筋肉の収縮とストレッチができるようにオフシーズンのうちに練習しておくとよいでしょう。

完了動作

フリーポーズが終わった後はしっかりと完了動作を行います。

ボディビルのフリーポーズでも曲が切れてそのまま帰ってしまう人がいますが、尻切れトンボでかっこよくないです。

この完了動作ですが、正直本番にいきなりやろうとするとこんなナルシスポーズ恥ずかしくてできません。

この日当日もかなり恥ずかしい気持ちだったのですが、何度も練習したり、
仲間にも自分がこのポーズをやる姿を見せていたので、なんとかやりきれましたが・・・。

最後視線を指をさす方向にやることにしていたのですが、
若干のはずかしさからか、視線が歩く方向へと行ってしまいました。。。

そういう視線の送り方一つでも自信のなさを露呈してしまいます。

 

View this post on Instagram

 

Model : Kenji Koizumi @koizumi.kenji.3 2018.7.27 Sportec cup 1st place #JBBF #Physique #フィジーク #フィットネス #トレーニング

m2graphyさん(@m2graphy.jp)がシェアした投稿 –

このように視線の方向へと視線を送ると自信満々に見えます。
しっかりと練習通りにできている小泉選手は繰り返し何度も練習したという証拠です。

彼のインスタグラムはこちら↓

https://www.instagram.com/koizumi.kenji.3/

審査に大きくかかわることはないですが、
こういうところまできっちりと普段から練習しておくことで
舞台演出に余裕が生まれます。

また、かっこいい完了動作をする選手は多いですが、
毎回毎回同じ完了動作をする選手が大半です。

比較審査で呼ばれて帰るたびにこの完了動作をやられたら
はっきり言って、うざいですよね。

時には、ありがとうの気持ちで丁寧にお辞儀したり、
時には、お前に気づいてるよ!と観客に指さしたり、
時には、自分を鼓舞するために、ガッツポーズしたり・・・

完了動作にも多様性が重要です。

毎回毎回お辞儀してたら、自信がないんじゃないかと思いますし、
毎回毎回指さしてたら、ただのチャラいやつにも見えますし、
毎回毎回ガッツポーズしてたら、相手に対する敬意がない選手にも見えます。

レパートリーをいくつも持っているとよいでしょう。

ポージングにおいて、二回同じことは極力しないようにすることです。

3D gradding

gradというのは「ひきずる」というような意味があります。

ポージングでは足を引きずったほうがよいです。

重心の上下が少なくなり、重厚感が増し、かつ安定します。

ただ引きずるだけでなく、立体感を与えて引きずるとさらによく見えます。

ムービングでも立体感を与えるということは非常に大事なことです。

この立体感を与えて引きずるムービングを 3D gradding と命名しました。

このショートムービーは

Switch upを

通常の引きずる動作、Gradding から
立体感を与える引きずる動作 3D Gradding

に途中から切り替えているものです。

円を描くように引きずることで立体感 3D感を与えます。

M2 Posing Lab.のYouTube チャンネルにおいて、
3D Graddingを紹介しておりますので、こちらも参考にしてみてください。

Youtube Switch up に関して

ポージングは、このように

手でかっこつけるのではなく、脚でかっこつけてみてください。

基本ステップの組み合わせの例

スポーツモデルで使う基本ステップを組み合わせるとうまい人のように見えます。

この例は前後のBounce動作+switch up(dragging)をしたのち、ポーズをとっています。

組み合わせによるムービングは、足の動作が長くなります。

基本ステップに関しては、YouTubeにアップロードしていますので参考ください。

YouTube Bounceに関して

Youtube Switch up に関して

そのため、

フリーポージングの時には、ポーズとポーズの間隔に変化が生じ、躍動感が生まれます。

組み合わせによるムービングはかっこよく見えるため、

多用したくなりますが、フリーポーズ1回あたり、1度組み込むくらいがくどくなくてよいでしょう。

Bounce と Switch upをきっちりマスターして、
このような組み合わせによるムービングまでできるようになると
初心者から脱却できます。