「敗者に休みなし」なのでしょうか?

大会直後に自分の思った順位がつかず、負けて悔しくて

「敗者に休みなし」

というSNSの投稿とともに、すぐにトレーニングをしている選手を見かけます。
たいてい、

「課題は明確」「弱点はわかってる」

などとも書いてありますが、本当なんでしょうか?

課題に対して短絡的思考になっていないか

たとえば、初心者に多いのですが、

「肩が小さいため、全体的なバランスがよくみえず負けた。だから、肩の回数を週一回から二回にする。」

「脚のカットがでていなかったから、脚をやりまくって太くして、バキバキにする。」

「ポージングが下手で、ポージング練習をもっとやるようにする。」

というのは、100%間違えではないですが、弱点や課題の解決に対してのアプローチとしては短絡的な思考なのではないかと思います。

脚のカットが出ていなかったのは脚トレをやっていなかったからではないです。ポージングが下手なのはポージング練習が不足していたからとも限りません。

敗者は一度休んだ方がよい

考え方の一つとして、一度休んだ方がいいのではと思う時があります。

「僕は、胸が弱点です。だから胸をもっとがんばります。」

といって、すぐに胸をトレーニングするのではなく、なんで胸が弱点なのか、考える時間を作ったほうがよいと思うのです。いままでだって弱点だとわかっている場合が大半でしょう。そのまますぐにやり始めたからって、変わるわけがないです。アプローチを変えないといけないんです。

逆に強みを考えてみます。たとえば、自分は腕が太いとします。そういう人は、あんまりトレーニングしていないのに、腕が太かったりします。腕は太いのに、なんで胸は大きくならないのか、それは、回数や重量や頻度が問題ではないことが多いんです。

「やってんですけど、デカくならないんですよねぇ。」

というのは、おそらく自分自身での深い思考が足りてない可能性が高いです。こういう人は、たいてい

「プロの○○さんが教えてくれたやりかたです。だから正しい。」とか
「毎週パーソナルトレーニング5回やって、食事もこんなにがんばっているんだから大丈夫だ。」

と心のどこかで思っているかもしれません。

「なぜなぜ」のススメ

「課題は胸です。」

じつは胸じゃなくて、姿勢なんじゃないのか。なんで姿勢が悪いんだろう。仕事で変な体勢になるからかな、前にやっていたスポーツの影響かな・・・。

というふうに一度「なぜなぜ」をしてみるとよいです。自分でじっくりと考えてみるんです。でも、自分だけでそれを見つけるのはやはり一苦労ですよね。

ポージングは課題を見つけるよい材料

ポージングをやってみるとどこが硬いとか、どこの柔軟性が悪いとか、姿勢がどうなっているとか、身体の動かし方の癖をみることができます。自分が気づかない部分が見えてきます。

「この部分が自分は硬いから、姿勢が悪くなって、この身体の部位が弱点なんだ。」というふうに、本当の意味での課題が明確になります。ポージングが「なぜなぜ」の手助けになるんです。

プログレッションとリグレッションという概念がトレーニングにはあります。重量や回数を上げていってどんどんそのトレーニングの質を上げていくプログレッションも大事ですが、ずっとプログレッション、いわゆる「敗者に休みなし」状態ではよくなく、たまに休んで自分のトレーニング、ポージングを見直す時間が必要です。種目やフォームを見直すことが必要です。

プログレッションとリグレッションを定期的に繰り返すことで、成長していきます。精神論でがむしゃらに頑張れば、いいわけじゃないですね。

このプログレッションばかりを繰り返してしまうと、よからぬ方向に行ってしまうことが多いです。極端な例だと、ステロイドを使って身体を大きくしようとしたり、整形手術をして身体の形を変えたり、顔を変えたり・・・。フィットネスに投資する時間・お金がかさみ、まさに頭の中まで筋肉状態です。その前にやることがまだまだあるのに、リグレッションをしないため、短絡的思考に陥るのです。一度ベクトルを修正する時間が必ず必要なんです。

本当の課題とは・・・

「なぜなぜ」を繰り返していくと、あるところに行きつきます。それは、一言でいうならば、「マインド」という言葉になるでしょうか。深い思考をしていない、または、しようとせずに何かに依存してアプローチをする取り組み方のことです。「マインド」が課題なんです。

一流の選手は、一流のコーチに教わっているからすごいんじゃないです。たいてい、このマインド、アプローチの仕方が違います。言われたことも深く思考し、自分の言葉で理解して取り組めます。そして、そのスピードが速いんです。コーチに依存なんてしません。うまく活用してるんです。自分の深い思考のために。

第一線でずっと一流でやっている人はがむしゃらにずっとやっているように見えて、定期的に必ずリグレッションしています。それを無意識にできてしまうのかもしれませんね。

コーチだってずっと同じ人で二人三脚ではなく、定期的に変えるのだっていいリグレッションになります。ずっと同じコーチになると今度は宗教のようになってしまいます。深い思考ができなくなり、いわゆるマインドコントロールされている状態になります。これも注意が必要です。

いま、この時期がフィットネスに対してのリグレッションにいい時期なのではないでしょうか。M2 Posing Lab.では、ポージングを教えるのはもちろんなのですが、ポージングを通じて、あなたの思考の仕方、アプローチの仕方を変えます。

敗者は一度休んでみてください。

レッスンに関するお問い合わせはこちらより

https://m2posinglab.com/inquiry

二週間に一度金曜配信のメルマガ登録はこちら

https://m2posinglab.com/mailmagazine/

最低限の礼儀は守ってステージングを

最近、 ステージ上で指を審査員に対して指す人がいるんですが、

辞めた方がいいのではないかと思うんです。

来てくれた友人・知人に対して観客席にむけて

「見えたよ!ありがとう!」

という意味ならまだいいのですが、 審査員に向けて指をさすのはさすがにどうなのかと・・・。

また、いちばんよくわからないのが、 審査員に向けて指をさして

「おれの身体見たか!」

と言わんばかりの傲慢な態度のあと、

「ありがとうございました。」

の意味なのか、丁寧にお辞儀をしてる選手もいて、 傲慢なのか、腰が低いのか 支離滅裂なことになっております。

確かに指をさすアクションをするプロ選手がいます。 ただ、それは、「演出」であるとわかるんです。

きれいなポーズの中にそのようなアクションが入ることで、 より全体的なポージング構成に花を添えることができます。 プロ選手はプロですから、それができるんですね。

それを、アマチュアの歴が短い選手がマネしてやると 生意気にも審査員に指を指しているようにしか見えず、 失礼にしか見えないんです。 そして、そのプレアクションのあとのポーズが下手なので、 滑稽でしかないんです。

ステージ上では、堂々とやることやプレアクションも大事なのですが、 スポーツとしてフィットネスをやるのであれば、 審査員に対しての礼儀礼節を優先すべきかなと。

傲慢・滑稽に見えてしまうプレアクションのまえに、 やはり基本ポーズをしっかりととることが 重要だなとつくづく思います。

— 現在、定期パーソナルレッスン受講生募集中。月レッスン受講回数、受講期間をして大会までの間、計画的にレッスンを受講して、ポージングの改善を図ってまいります。次の大会まで予約が取れないことを避けたい方や、継続的に受講していきたい方はぜひご活用ください。 ご希望の方は m2posinglab@gmail.com までご連絡ください。

なぜいくつもポーズをとるのか

ポーズの数が重要でもないのは、ここでは何度も発信しています。
ボディビルのフリーポーズもポーズ規定がないカテゴリーの比較審査なども
数が重要ではないです。

それは、審査員があなたのポーズを1から10まんべんなく見てるとは限らないからです。

過去ブログ

審査員があなたのことを見ていなかったら・・・

ポーズ規定がないカテゴリーがある団体の比較審査において
一回のフロントポーズで4ポーズ位する人がいます。

これでは比較できないし、
ダンス大会になのかと思ってしまうレベルです。

(レッスン中の会話)
井出:「そんなにポーズをしたら、身体を比較できないでしょう。
一個でいいですよ。多くて二個。どうしてそんなにポーズをとるんですか?」

レッスン生:「一個しかできないの?」と思われるらしいです。

井出:「なるほど。ただ、比較審査で呼ばれるのは、一回だけでしょうか?(一回の場合もありますが・・・)
比較で呼ばれるたびにその4ポーズをしたら、毎回毎回同じになるでしょう?
そうなったら、むしろ、そのルーティンしかできないの?になりますよね。
とすれば、比較で呼ばれるたびに違うポーズをとれば、
毎回違くていいんじゃないのかと・・・?」

全部をいっぺんに見せようとするんじゃなくて、
一枚一枚徐々にカードを見せていく方が、断然いいです。

その一枚目は、自分のお気に入りをまず持っていく。

呼ばれるたびに、横にいる相手によって、
相手には弱点で、自分には強みになるポーズを持ってこれる余裕がでてくれば、
あなたのステージングのレベルが上がってきたといっていいでしょう。

審査員に嫌がられずに、
楽しませることを考えた方がいいですね。

アマチュアオリンピアを見て

先日ラスベガスに行き、オリンピアを観戦してまいりました。

日本、韓国に続き
ようやくアメリカでフィットネス大会を観戦することになりました。

気付いたことは、

アマチュアレベルに関しては、あまり海外のポージングのレベルは高くない

ということです。

高くないというか低いです。

ポージングで言えば、
韓国が世界でも最高レベルにいるのだとわかりました。

ほかの国は、
粗削りというか、あまり研究しているようには見えません。

特に、フィジーク、ビキニといったまだ歴史の浅いカテゴリーに関しては、
研究途上にあるようです。

この点では、日本はまだチャンスがあると思います。

とくにビキニカテゴリーでは、勝算はあると確信しました。

台風で飛行機が欠航となるアクシデントにより、
出場も危ぶまれた秋本選手は、万全な状態でないながらも、
マスターズカテゴリーにて2位に入ることができました。

この投稿をInstagramで見る

シルバーメダルいただけました🥺 台風で成田からのフライトが欠航になり、代わりの便もなかなかとれず出場が絶望的で一度は諦めましたが、周りの方々の協力で出場でき、また爪痕を残すことができてよかったです🙇‍♀️ たくさんのメッセージありがとうございます❤️ #fit#fitness#bodybuilding#protein#yoga#gym#happy#bootybuilding#bikinifitness#physique #ボディメイク#ランニング#フィットネス #ヒップアップ#美尻#筋トレ女子#トレーニング#トレーニング女子#腹筋女子#フィジーク#プロテイン#ランニング#フィットネスビキニ#olympia#mrolympia

Akiko Akimotoさん(@akimotoakiko_fitness)がシェアした投稿 –

あまりポージングは得意でない方の選手でしたので、
基礎のみを徹底し、極力シンプルに動けるようにカスタマイズをして
大会に臨みました。

舞台では、飛行機トラブルによる睡眠不足など、疲労もたまっており、
本人もあまり覚えていないといっていました。

おそらくポーズは完全に無意識にしていたように思います。

以前、ブログにも書いた「無意識にできることを増やしていく」が出ていました。

無意識にできることを増やしていく

基礎のみを徹底したことから、無意識にできる部分が多くなり、
本番で万全な調子ではなかったのに難なくポージングをこなせました。

ウォーキングなど改善ポイントはありますから、まだまだのびしろあります。
もっと上を目指せそうです。

他の日本の選手も出て活躍できる選手は、いっぱいいると思います。

しかし、ポージングに時間をかけている選手が少ないなという印象です。

とくに海外の大きな大会を目指すには、
十分に時間をかけて準備をする必要があります。

何回もレッスンに来ればいいというわけではないです。
時間が必要なんです。

来年、ラスベガスのオリンピアに出場したい選手、
韓国の大会に出場したい選手、
ほか、海外の大会に出場したい選手

早めにご連絡ください。

ゆっくりと時間をかけて、海外のステージでたっても問題ないようにするお手伝いができます。

興味がある方、希望者は下記より!

予約・お問い合わせ

「もやもや」をいかに多く抱え、いかに早く解消するかが大事

「初心者ですが大丈夫でしょうか?」
「基本ポーズの基の字もわかりません。」

という方が多いです。

みんな初めは初心者なので、なんの問題もありません(笑)。

とりあえず、レッスンに来てもらって構わないのですが、
とりあえずレッスンに来るよりも、まず、

とりあえず大会を観に行った方が良いです。

YouTubeなどの映像で見てるのとは全く感じることが違います。

進行の感じ、審査の仕方、MCのナレーション、選手のポージング・・・。

「あの選手ポーズ上手だな」
「あの選手顔が暗いな」
「あの選手が1位かな」

いろんなことを感じます。

観戦しているあなたは勝手に選手を審査し始めます。
あの選手が1位、2位、3位・・・。

ちゃんと審査結果まで見て帰るようにした方が良いです。
自分の審査と比べてどうでしょう?

一致してたりしていなかったり・・・。

帰り道に、一緒に行った人と感想をああだこうだ言います。

いろんなことが、頭の中をめぐります。

これが、結構重要です。

そのうえでレッスンに来てみて、
指摘されたり、指導されたりすると

「あの時試合見ていた時に感じたことと同じだ!」
「あの時、自分も観客として審査してみてそこが惜しいなと思ったんだよね。」

となります。

そうなるとしめたものです。
ある意味大会観戦がレッスンの予習になるんですね。

先日行われたキングオブフィジークを観戦
進行・審査・基準を再認識。見るたびに学びがある。

 

また、指導された中に本当にそうなのかなとか初めてそんなこと聞いたなんてこともあると思います。

そして、また、大会を観に行ってみてください。

次の観戦では、レッスンの復習・また新たな予習になります。

すると、
「あぁ、あのときレッスンで教わったことはこういうことか」

ということがいくつかあると思います。
それで、さらに理解に磨きがかかります。

この繰り返しをしながら、大会に出るんです。

それでもまた、

「あの時言われたことはこういうことだったのか」

ということがいくつか出てくるんです。

また、
「教わったことが大会だとできなかった」

などということも出てきます。
そうなると次はできなかったことを気を付けて練習するようになります。

要は、

大会観戦→レッスン→大会観戦→レッスン→大会出場・・・

この繰り返しが必要です。

私もこの繰り返しです。

大会の審査基準が変わっていったり、常に変化があるため、常に定期的に観戦にもいかなければなりません。

レッスン→レッスン→レッスン→レッスン→大会出場

これでもいいのですが、ふとした時の「気付き」や理解を深めるためにも
大会出場までの間に何回か大会観戦をするといいと思います。

大会観戦をすると
自分の中でいろいろ思いめぐらせた悩みや、
どうしてああいう審査結果なんだろうというように
自分の中で解決できない部分、
いわゆる、「もやもや」を抱えることになります。

結構ベテランの選手もいらっしゃることがあります。
もうベテランになると誰も教えてくれなかったり、指摘もしてくれる人が減ります。

大会観戦→大会観戦→大会出場→大会観戦→大会出場→大会観戦→大会出場・・・

ベテランの選手は、こんな感じです。
自分の中でいろいろな「もやもや」を長年抱えてしまっており、
また、素直に若手の言うことも聞けなかったりすることから、
伸び悩んでいたりします。

ここにレッスンを間に挟んでもらうことで、「もやもや」が解消されて、
ポーズ、ステージング、さらには身体が激変される方もいらっしゃいます。

「もやもや」は解消されると一気に深い理解となるようです。

つまり、
いかに多くの「もやもや」を自分で抱えるかが大事で
さらには、それを長い期間抱えずに、すぐ解消させることが
大事です。

そのためにレッスンがあります。

一つの「もやもや」が解消されると、
それが解消されないと抱えることはなかった新たな「もやもや」が発生し始めます。

そこで、またレッスンに来てみてください。

自分の出場団体の大会がなければ、他の団体の大会でも問題ないです。
たった数千円で多くの学びや「もやもや」が得られます。

まずは、「もやもや」を作るためにも、是非大会を観に行ってみてください。
「もやもや」なしでレッスンを受けるよりもレッスンの効果が上がります。

各団体の大会日程は下記にまとめられています。

http://physiqueonline.jp/schedule/page243.html