アマチュアオリンピアを見て

先日ラスベガスに行き、オリンピアを観戦してまいりました。

日本、韓国に続き
ようやくアメリカでフィットネス大会を観戦することになりました。

気付いたことは、

アマチュアレベルに関しては、あまり海外のポージングのレベルは高くない

ということです。

高くないというか低いです。

ポージングで言えば、
韓国が世界でも最高レベルにいるのだとわかりました。

ほかの国は、
粗削りというか、あまり研究しているようには見えません。

特に、フィジーク、ビキニといったまだ歴史の浅いカテゴリーに関しては、
研究途上にあるようです。

この点では、日本はまだチャンスがあると思います。

とくにビキニカテゴリーでは、勝算はあると確信しました。

台風で飛行機が欠航となるアクシデントにより、
出場も危ぶまれた秋本選手は、万全な状態でないながらも、
マスターズカテゴリーにて2位に入ることができました。

この投稿をInstagramで見る

シルバーメダルいただけました🥺 台風で成田からのフライトが欠航になり、代わりの便もなかなかとれず出場が絶望的で一度は諦めましたが、周りの方々の協力で出場でき、また爪痕を残すことができてよかったです🙇‍♀️ たくさんのメッセージありがとうございます❤️ #fit#fitness#bodybuilding#protein#yoga#gym#happy#bootybuilding#bikinifitness#physique #ボディメイク#ランニング#フィットネス #ヒップアップ#美尻#筋トレ女子#トレーニング#トレーニング女子#腹筋女子#フィジーク#プロテイン#ランニング#フィットネスビキニ#olympia#mrolympia

Akiko Akimotoさん(@akimotoakiko_fitness)がシェアした投稿 –

あまりポージングは得意でない方の選手でしたので、
基礎のみを徹底し、極力シンプルに動けるようにカスタマイズをして
大会に臨みました。

舞台では、飛行機トラブルによる睡眠不足など、疲労もたまっており、
本人もあまり覚えていないといっていました。

おそらくポーズは完全に無意識にしていたように思います。

以前、ブログにも書いた「無意識にできることを増やしていく」が出ていました。

無意識にできることを増やしていく

基礎のみを徹底したことから、無意識にできる部分が多くなり、
本番で万全な調子ではなかったのに難なくポージングをこなせました。

ウォーキングなど改善ポイントはありますから、まだまだのびしろあります。
もっと上を目指せそうです。

他の日本の選手も出て活躍できる選手は、いっぱいいると思います。

しかし、ポージングに時間をかけている選手が少ないなという印象です。

とくに海外の大きな大会を目指すには、
十分に時間をかけて準備をする必要があります。

何回もレッスンに来ればいいというわけではないです。
時間が必要なんです。

来年、ラスベガスのオリンピアに出場したい選手、
韓国の大会に出場したい選手、
ほか、海外の大会に出場したい選手

早めにご連絡ください。

ゆっくりと時間をかけて、海外のステージでたっても問題ないようにするお手伝いができます。

興味がある方、希望者は下記より!

予約・お問い合わせ

床がどんな材質なのか

(ためになる記事だったら、上の twitter Lineボタンをクリックしてシェアをお願いします^^)

大会当日、舞台の床がどんな材質か意識していますでしょうか?

カーペットだったり、ビニールだったり、体育館のような感じだったり・・・。

NPCJの地区大会では、タンの養生のために、床がビニールになっていることが多いようです。

一方、IFBB pro qualifierおよびWorld legend classicではパンチカーペットがひかれていました。

材質により、摩擦が異なるので、普段の練習場所と異なる材質だと当日思うようなパフォーマンスが出せなかったりします。

また、パンチカーペットはきれいに床に貼っていないことが多く、ただ載せてるだけでつなぎ目をガムテープでつないでるだけの場合があるので非常に注意が必要です。

ただ載せてるだけの場合、カーペットごとずるっとすべることがあるからです。

団体が開催するセミナーなどの機会に床がどのような材質であるのか一度聞いておくとよいでしょう。

————
【編集後記】

ちなみに、私は、いつもつるつるの床で練習していることが多かったのですが、当日パンチカーペットであったため、よくスライド移動するようなムービングをした際に、足が引っかかったり、足を一部擦ったりして痛かった思い出があります^^

擦った跡はなかなか取れず・・・。

Line@では、ブログ、instagramなどでは公開していない情報をいち早くお届けしております。下記よりぜひご登録おねがいいたします。
友だち追加

■ ご質問・ご感想
下記までよろしくおねがいいたします!

石川セミナー開催

石川県にて、ポージングセミナーを開催いたします。

■ 申込

下記をクリック

■ 会場

石川県能美市根上総合文化会館

■ 費用

ポージングセミナー 6000円

ポージングパーソナルレッスン 8000円(1時間)

■ 時間

13:00 – 15:00 フィジーク ポージングセミナー 定員10名

15:30 – 17:30 ビキニ ポージングセミナー 定員10名

18:00 – 19:00 パーソナル

19:10 – 20:10 パーソナル

20:20 – 21:20 パーソナル

■ 内容

ポーズ矯正(肩の出し方、軸の取り方)

ムービング(動作の仕方、基本理論)

舞台演出(視線、しぐさ)

質疑応答

団体は不問です。

Lead Foot

(面白い記事だったら、上のツイッターボタンでシェアお願いします^^)

ポージングを教わったことがない人は、

かっこいいポーズをとろうとすると、手でカッコつけようとしてしまいます

でも、本当は、脚でカッコつけると本当にカッコいいです!

それを見せてくれるのがこの動画。

脚(下半身)から動き、上半身を軽く決める。

これを

Lead Foot

と言います。

ボディビルでも、フィジークでも、スポーツモデルでも、ビキニでも。

 

どんなに熟練した選手でもフリーポーズをやると手で動こうとしてしまいます。

常に注意しないといけないです。

 

この考え方は、ポージングで重要な要素だと思います。

————
【編集後記】

上の動画は、IFBBルールとは少し異なるので
JBBFの選手はあくまで参考程度にしてください。

■ ご質問・ご感想
下記までよろしくおねがいいたします!

マネから始めるポーズ研究方法

ポージングどうやって練習していますか?

結構聞かれますが、

ボディビルの基礎的なポージングを教わり、あとは実は

見よう見まね

です。

マネをしてます。

うまいと思う人の動作を分解して研究し、自分なりの理論を確立しています。

 

もうそういうことを7年、8年とやっているためマネのレパートリーが増えていっています。

 

どうやって研究しているか

パソコンの前で画面を見ながら人の研究することはあまりしていません。

電車での移動中が多いです。合間の時間でやっています。

なので、アプリやiphoneの機能を利用して動画で研究します。

 

流れとしては、下記のとおりです。

・動画入手

・動画加工

・加工動画をみて研究・練習

 

■ 動画入手

http://appllio.com/iphone-take-screenshots-video-capture

 

ダウンロードして入手はせず、

instagramやyoutube上で見ている動画をiphoneの画面録画機能を利用して画像保存します。

上記サイトを参考にしてやってみてください。

 

■ 動画加工

拡大縮小や、

速度を遅くしたり早くしたり、

繰り返し再生を自動でできるように同じ動画を追加して一つの動画にしたりします。

imovie

https://itunes.apple.com/jp/app/imovie/id377298193?mt=8

速度を1/8 (フリーズまでできます)

Inshot

https://itunes.apple.com/jp/app/inshot-%E5%8B%95%E7%94%BB%E7%B7%A8%E9%9B%86-%E5%8B%95%E7%94%BB%E4%BD%9C%E6%88%90-%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%8A%A0%E5%B7%A5/id997362197?mt=8

imovieでは2倍速までですが、4倍速までできます。

しかし、速度は1/5までです。imovieのほうが遅くできます。

Inshot では サイズ変更がしやすいので、instagramで使用する場合などはinshotで最後にサイズ調整しています。

個人使用の場合のみは、基本はimovieをメインに使って編集しています。

■ 加工動画を使って研究・練習

動画を加工する際には、下半身の動作の動きと、上半身の動作の動きを分けて研究します。

そして、

まずは下半身の動きのみマネして練習します。

両方一度に練習しようとしてもうまくいきませんし、目が行き届かない場合が多いです。

スローモーションで一つ一つの動きを分解して研究するとどういう動きをしているのかが見えてきます。

そして、その動きが自分が納得してできるようになるまで練習します。

これをいくつもやって、マネのレパートリーを増やしていきます。

最後に

よくマネはよくないとはいいますが、

まんまパクリはよくないだけで、

最初はマネから入ります。

多くの選手のマネをして、その中から自分がよくできるものを組み合わせるだけでも

それはマネではなく独創的なものへと変化します。

 

過去の遺産を引き継ぐべきです。

それを組み合わせ、発展させることでさらに新たなものが生み出されます。

まずマネしてみて引き出しを増やすことが重要です。

 

レッスンに関するお問い合わせは

m2posinglab@gmail.com

まで!