「敗者に休みなし」なのでしょうか?

大会直後に自分の思った順位がつかず、負けて悔しくて

「敗者に休みなし」

というSNSの投稿とともに、すぐにトレーニングをしている選手を見かけます。
たいてい、

「課題は明確」「弱点はわかってる」

などとも書いてありますが、本当なんでしょうか?

課題に対して短絡的思考になっていないか

たとえば、初心者に多いのですが、

「肩が小さいため、全体的なバランスがよくみえず負けた。だから、肩の回数を週一回から二回にする。」

「脚のカットがでていなかったから、脚をやりまくって太くして、バキバキにする。」

「ポージングが下手で、ポージング練習をもっとやるようにする。」

というのは、100%間違えではないですが、弱点や課題の解決に対してのアプローチとしては短絡的な思考なのではないかと思います。

脚のカットが出ていなかったのは脚トレをやっていなかったからではないです。ポージングが下手なのはポージング練習が不足していたからとも限りません。

敗者は一度休んだ方がよい

考え方の一つとして、一度休んだ方がいいのではと思う時があります。

「僕は、胸が弱点です。だから胸をもっとがんばります。」

といって、すぐに胸をトレーニングするのではなく、なんで胸が弱点なのか、考える時間を作ったほうがよいと思うのです。いままでだって弱点だとわかっている場合が大半でしょう。そのまますぐにやり始めたからって、変わるわけがないです。アプローチを変えないといけないんです。

逆に強みを考えてみます。たとえば、自分は腕が太いとします。そういう人は、あんまりトレーニングしていないのに、腕が太かったりします。腕は太いのに、なんで胸は大きくならないのか、それは、回数や重量や頻度が問題ではないことが多いんです。

「やってんですけど、デカくならないんですよねぇ。」

というのは、おそらく自分自身での深い思考が足りてない可能性が高いです。こういう人は、たいてい

「プロの○○さんが教えてくれたやりかたです。だから正しい。」とか
「毎週パーソナルトレーニング5回やって、食事もこんなにがんばっているんだから大丈夫だ。」

と心のどこかで思っているかもしれません。

「なぜなぜ」のススメ

「課題は胸です。」

じつは胸じゃなくて、姿勢なんじゃないのか。なんで姿勢が悪いんだろう。仕事で変な体勢になるからかな、前にやっていたスポーツの影響かな・・・。

というふうに一度「なぜなぜ」をしてみるとよいです。自分でじっくりと考えてみるんです。でも、自分だけでそれを見つけるのはやはり一苦労ですよね。

ポージングは課題を見つけるよい材料

ポージングをやってみるとどこが硬いとか、どこの柔軟性が悪いとか、姿勢がどうなっているとか、身体の動かし方の癖をみることができます。自分が気づかない部分が見えてきます。

「この部分が自分は硬いから、姿勢が悪くなって、この身体の部位が弱点なんだ。」というふうに、本当の意味での課題が明確になります。ポージングが「なぜなぜ」の手助けになるんです。

プログレッションとリグレッションという概念がトレーニングにはあります。重量や回数を上げていってどんどんそのトレーニングの質を上げていくプログレッションも大事ですが、ずっとプログレッション、いわゆる「敗者に休みなし」状態ではよくなく、たまに休んで自分のトレーニング、ポージングを見直す時間が必要です。種目やフォームを見直すことが必要です。

プログレッションとリグレッションを定期的に繰り返すことで、成長していきます。精神論でがむしゃらに頑張れば、いいわけじゃないですね。

このプログレッションばかりを繰り返してしまうと、よからぬ方向に行ってしまうことが多いです。極端な例だと、ステロイドを使って身体を大きくしようとしたり、整形手術をして身体の形を変えたり、顔を変えたり・・・。フィットネスに投資する時間・お金がかさみ、まさに頭の中まで筋肉状態です。その前にやることがまだまだあるのに、リグレッションをしないため、短絡的思考に陥るのです。一度ベクトルを修正する時間が必ず必要なんです。

本当の課題とは・・・

「なぜなぜ」を繰り返していくと、あるところに行きつきます。それは、一言でいうならば、「マインド」という言葉になるでしょうか。深い思考をしていない、または、しようとせずに何かに依存してアプローチをする取り組み方のことです。「マインド」が課題なんです。

一流の選手は、一流のコーチに教わっているからすごいんじゃないです。たいてい、このマインド、アプローチの仕方が違います。言われたことも深く思考し、自分の言葉で理解して取り組めます。そして、そのスピードが速いんです。コーチに依存なんてしません。うまく活用してるんです。自分の深い思考のために。

第一線でずっと一流でやっている人はがむしゃらにずっとやっているように見えて、定期的に必ずリグレッションしています。それを無意識にできてしまうのかもしれませんね。

コーチだってずっと同じ人で二人三脚ではなく、定期的に変えるのだっていいリグレッションになります。ずっと同じコーチになると今度は宗教のようになってしまいます。深い思考ができなくなり、いわゆるマインドコントロールされている状態になります。これも注意が必要です。

いま、この時期がフィットネスに対してのリグレッションにいい時期なのではないでしょうか。M2 Posing Lab.では、ポージングを教えるのはもちろんなのですが、ポージングを通じて、あなたの思考の仕方、アプローチの仕方を変えます。

敗者は一度休んでみてください。

レッスンに関するお問い合わせはこちらより

https://m2posinglab.com/inquiry

二週間に一度金曜配信のメルマガ登録はこちら

https://m2posinglab.com/mailmagazine/

アマチュアオリンピアを見て

先日ラスベガスに行き、オリンピアを観戦してまいりました。

日本、韓国に続き
ようやくアメリカでフィットネス大会を観戦することになりました。

気付いたことは、

アマチュアレベルに関しては、あまり海外のポージングのレベルは高くない

ということです。

高くないというか低いです。

ポージングで言えば、
韓国が世界でも最高レベルにいるのだとわかりました。

ほかの国は、
粗削りというか、あまり研究しているようには見えません。

特に、フィジーク、ビキニといったまだ歴史の浅いカテゴリーに関しては、
研究途上にあるようです。

この点では、日本はまだチャンスがあると思います。

とくにビキニカテゴリーでは、勝算はあると確信しました。

台風で飛行機が欠航となるアクシデントにより、
出場も危ぶまれた秋本選手は、万全な状態でないながらも、
マスターズカテゴリーにて2位に入ることができました。

この投稿をInstagramで見る

シルバーメダルいただけました🥺 台風で成田からのフライトが欠航になり、代わりの便もなかなかとれず出場が絶望的で一度は諦めましたが、周りの方々の協力で出場でき、また爪痕を残すことができてよかったです🙇‍♀️ たくさんのメッセージありがとうございます❤️ #fit#fitness#bodybuilding#protein#yoga#gym#happy#bootybuilding#bikinifitness#physique #ボディメイク#ランニング#フィットネス #ヒップアップ#美尻#筋トレ女子#トレーニング#トレーニング女子#腹筋女子#フィジーク#プロテイン#ランニング#フィットネスビキニ#olympia#mrolympia

Akiko Akimotoさん(@akimotoakiko_fitness)がシェアした投稿 –

あまりポージングは得意でない方の選手でしたので、
基礎のみを徹底し、極力シンプルに動けるようにカスタマイズをして
大会に臨みました。

舞台では、飛行機トラブルによる睡眠不足など、疲労もたまっており、
本人もあまり覚えていないといっていました。

おそらくポーズは完全に無意識にしていたように思います。

以前、ブログにも書いた「無意識にできることを増やしていく」が出ていました。

無意識にできることを増やしていく

基礎のみを徹底したことから、無意識にできる部分が多くなり、
本番で万全な調子ではなかったのに難なくポージングをこなせました。

ウォーキングなど改善ポイントはありますから、まだまだのびしろあります。
もっと上を目指せそうです。

他の日本の選手も出て活躍できる選手は、いっぱいいると思います。

しかし、ポージングに時間をかけている選手が少ないなという印象です。

とくに海外の大きな大会を目指すには、
十分に時間をかけて準備をする必要があります。

何回もレッスンに来ればいいというわけではないです。
時間が必要なんです。

来年、ラスベガスのオリンピアに出場したい選手、
韓国の大会に出場したい選手、
ほか、海外の大会に出場したい選手

早めにご連絡ください。

ゆっくりと時間をかけて、海外のステージでたっても問題ないようにするお手伝いができます。

興味がある方、希望者は下記より!

予約・お問い合わせ

無意識にできることを増やしていく

ポージングあるある話

ポーズはきれいにできるようになった。

でも、

きれいなムービングをしようとすると
ポーズをとったときに、脚にカットがはいらなくなったり、
腹筋に力が入れ忘れてたり・・・。

さらには、

表情を意識したら、
ムービングでどっちの足が動くか、
どの手が動くんだったかわからなく・・・。
ポーズはめちゃくちゃ。

より高度なパフォーマンスを見せようとすると、
多くのことを意識しなくてはならなくなり、
あれを意識したらこれを意識し忘れて・・・となってしまいます。

どうすればよいのかというと、

無意識にできる部分を増やしていく

しかありません。

意識すべきことを減らすんです。

意識すべきことをタスクと呼んでいます。

タスクが減れば減るほど、
自分が意識できない部分に注力でき、
余裕を持ったステージングができます。

タスクを減らすにはどうしたらよいんでしょうか。

それは、やっぱり何回も練習するしかないです。

どういうふうにやればよいのかわかっていても
それが自然と「無意識」にできるようになるまで練習するしかないです。

よく「もとからうまい人」って周りにいますよね。

この人たちはなんでうまいかというと、

いままでのスポーツ経験などで
ポージングに似た動きを繰り返し練習していたりして、
「無意識」にその動作ができることが多いからです。

ダンスをやっていた人は、
各身体の部位をアイソレートさせて動作や軸のとり方が、
もう「無意識」にできることが多く、、
タスクが元から少ないんです。

野球や、テニスなど利き腕を酷使する競技をしていた人は、
利き腕の動かし方は
無意識にきれいにできることが多いです。
しかし、
筋肉の発達や柔軟性が利き腕に偏っていることが多く、
利き腕でない方の腕の動かし方が著しくできないことがあります。

こういう人たちのタスクとしては、利き腕でない方の動かし方となります。
利き腕でない方を意識的に動かすようにしなければなりません。

利き腕側のタスクは少なく、利き腕ではない方のタスクが多いと言えますね。

つまり、人によってタスクは異なるわけです。

もとからうまいか下手かは
「ポージングセンス」という言葉で片付けられがちですが、

その人のいままでの人生における身体の使い方、
経験に左右されていることが大部分です。

「もとからうまい」とされている人たちは、
ポージングにおいて必要な動作を
いままでの経験において、
ポージングのためではなくとも、
繰り返し練習してきたからうまいのだと言えます。

幼少時代からの積み重ねでできてるものですから、
非常に武器になっているはずです。

意識的に動作をしなければならない部分が多い人は、
「無意識」にできる部分を増やせるように
繰り返し練習していくしかないです。

もとから下手なんじゃなくて、
その動きをやったことないだけですから、
ある意味ついてないんですが、
練習すればいいだけです。

どこが無意識にできないのか、
どこを集中的に練習すればよいのか、
どういう練習を繰り返せば無意識にできるようになるかの近道を
セミナー・レッスンを通じて伝えていっています。

各地域のセミナーおよびパーソナルポージングレッスンのご予約はこちらから
RESERVA予約システムから予約する

セミナー情報や、ポージング関連Tips情報をLine@にて公開しております。
セミナー情報はLine@が最速です。ぜひご登録ください。
友だち追加

その他ご相談・ご要望は下記メールアドレスまで!

m2posinglab@gmail.com

登場する前にすべてが決まっている

ブログ記事:舞台に登場した瞬間、審査がほとんど決まっている
https://m2posinglab.com/presentation/stage-3451/

この記事を書きましたが、むしろ登場する瞬間ではなくて、登場する前に勝負は決まっているという人もいます。

しっかりポージング練習したか、

しっかりダイエットしたか、

しっかり筋肉つけてきたか。。。

あとはそれを見せるだけなので、緊張してもしょうがないですし、パンプアップしてもたかが知れてます。

舞台前でじたばたしてももうしょうがないです。

それよりも落ち着いて舞台に上がることだけ考える方がよいです。

直前は、今までやってきたことをしっかりできるか復習、イメージトレーニングをして、ステージに向かうだけです。

いざ出陣!

(ためになる記事だったら、上のツイッターボタン、Lineボタンをクリックしてシェアをお願いします^^)


【編集後記】

韓国の人ですかとか、在日ですかとか言われたりするんですけど、親戚にだれも韓国出身のひといないです(笑)。日本生まれ日本育ちの日本人です。

韓国語はほぼ独学で勉強しました。イージーハングルっていうユンソナが書いた会話本と草なぎ剛ことチョナンカンのチョンマルブックを持って単身韓国へ一人旅に行ったのがきっかけでした。

当時はまだヨン様韓流ブームも到来していなかった時期で、未知の国で行ってみると楽しかったので、勉強し始めて17年たちました。世界が広がるので語学はなにかしらやっておいた方がいいですね。

最後になつかしのCMを貼っておきます(笑)。