フィギュアスケートに学ぶムービング2

高速にムービングする場合は、腕を身体に近づけてムービングする必要があります。

この高速スピンの動画を見てもわかるように、

手を近づけるとスピンは早くなり、手を遠ざけるとスピンは遅くなります。

<参考リンク>

http://www.nakajima-it.com/entry/2018/02/17/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%B3%E3%81%8C%E9%80%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E7%89%A9%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AA

物理で解明 浅田真央の高速スピンのナゾ

https://shingakunet.com/journal/learning/1161/

 

ムービングにおいて、ターンするときは、

特に高速にターンしたい場合、

腕は身体の近くに近づけ、回転する必要があります。

手を広げながら回転すると回転が遅くなり、かつ軸がぶれやすくバランスを崩します。

スポーツモデルなど、速度調整を多くするポージングでは、高速回転してターンするケースがあるので、腕を近づけて回転するのが軸も安定するので推奨します。


Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCaJvWRf9oxdsUCf3cE89_rA

Line@ 随時ポージング情報公開中
友だち追加

m2posinglab

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。